スペシャルプログラム

スペシャルプログラム

特別講演Ⅰ「口の中はふしぎがいっぱい」

岡崎好秀先生
モンゴル医科大学歯学部 客員教授 元岡山大学病院 小児歯科 講師
専門は小児歯科。“口は食物が入る最初の場所であるから,食物が代われば最初に変わるのは口”だという視点から口腔疾患を捉えている。頭の毛の先から足の裏 さらには恐竜から宇宙にまで守備範囲を広げて,口との関わり合いについて調べることが趣味。動物の歯に関しては造詣が深く,日本各地の動物園や水族館へ往診にも出かけている。


特別講演Ⅱ「方円の器~人の未来は笑いがつくる」

友道健氏先生
元公立中学校校長
様々な問題を抱えた子どもたちを支え自らも交通事故、ガンを乗り越えてきた奇跡の校長先生。
著書に、『方円の器 -奇跡の中学校長が語る教育と学力-』(書肆侃侃房)
 


テーマ講演「笑いの研究は楽しい!」

江口依里(第9回大会長)
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 公衆衛生学 助教
「本当に、笑いは百薬の長なのか」をテーマに岡山大学で笑いヨガを使って、笑いと生活習慣病との関連を調べる実証実験に取り組んでいる。
 
 


市民公開講座「笑いと健康最前線」

大平哲也先生
福島県立医科大学医学部疫学講座教授
専門は内科、心身内科だが研究は主に生活習慣病の予防医学・』疫学研究を行っている。「疫学」という学問がマイナーなため、よく「免疫学」とか占いの「易学」に間違われるのが悩みの種。

市民公開講座のみ無料です(8月初旬申込受付開始予定)


◆その他びっくりの講師が続々登場!お楽しみに!

参加お申込みボタン